慶愛会


私は元々水道業を営んでおり介護の事は全くの初心者でした。当時の大山町には介護が必要となった時の暮らしを受入れる施設がなく、住み慣れた場所を離れて近隣の市町村の施設に入所するという実態を知りました。地域の方々の後押しもあって、微力ながら大山町民の力になりたいと思い、この社会福祉法人慶愛会が平成15年に設立され、平成16年4月に特別養護老人ホーム「大山やすらぎの里」が開設されました。地域から求められる施設を目指しています。

社会福祉法人 慶愛会 理事長浅田 文則

法人理念

私たちは、地域における福祉の健全な発展に貢献し、「まごころ」のある質の高いサービス提供を目指すと共に、慶愛会に関わるすべての人が笑顔になれるような法人運営に努めます。

基本方針

1.地域福祉の推進
地域福祉の一員として地域の発展に貢献すると共に、地域から信頼され、求められる施設を目指します。
2.権利の尊重
ご利用者の人権を尊重し、自分らしい生活ができるよう支援します。
3.法令遵守
私たちは法令を遵守し、地域に信頼される法人であり続けます。
4.サービスの質の向上
「まごころ」をもって、より質の高いサービスの提供を目指します。
5.人材育成
寄り添う事のできる心を持った人間性と専門性のあるスキルを発揮できる人材を育成します。
6.職場環境の充実
心身共に健康で、安心して長く働ける職場環境作りを目指すと共に、能力と意欲のある職員にとって、魅力的でやりがいのある職場作りに努めます。
7.健全な法人経営
ご利用者、職員、地域の幸せを共に目指し、健全な法人経営に努めます。
慶愛会

ロゴに込めた思い

飛んできた鳥が羽を休めるため、木にとまろうとしている様子を表し、利用者様がいつまでも健康でお元気であり、ゆったりとやすらげる環境・空間・サービスを提供するという思いを込めました。
また、鳥のシルエットは「慶愛会」の頭文字である「K」の形状も表しています。
配色は、落ち着きがあり温かみや安心感を与える色を用いました。

法人概要

法人名
社会福祉法人慶愛会
法人認可設立
平成15年6月26日
代表
理事長 浅田 文則(あさだ ふみのり)
所在地
鳥取県西伯郡大山町唐王208番地
鳥取県西伯郡大山町今在家475番地
事業内容
介護老人福祉施設
項目名
短期入所生活介護
地域密着型介護老人福祉施設
通所介護
居宅介護支援
介護予防事業
大山町受託事業(元気アップ)、自主事業(健康クラブ)
社員数
84名(令和2年7月1日現在)

沿革

平成15年6月
社会福祉法人慶愛会設立
平成16年3月
完成検査・建物引渡し
平成16年4月
○介護保険事業者の指定を受ける
大山やすらぎの里:介護老人福祉施設、短期入所生活介護、通所介護、居宅介護支援事業
○ユニット型介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)入所開始
6ユニット:入所定員57名
平成16年6月
短期入所生活介護 利用開始:利用定員9名
平成16年7月
○居宅介護支援事業所 事業開始
○通所介護事業 事業開始:定員15名
平成17年7月
通所介護事業 定員変更:15名を25名へ
平成18年4月
介護予防事業届出
平成18年9月
通所介護事業 定員変更:25名を30名へ
平成19年1月
日本財団から車椅子対応型自家用乗用車1台の助成を得る
平成20年5月
大山町末長5-1の土地を取得
平成21年9月
お風呂用給湯器設置(エコキュート)工事完了
平成22年2月
通所介護・介護予防通所介護定員変更:30名を35名へ
平成22年8月
地域交流センター完成
平成23年5月
地域密着型特別養護老人ホーム 大山やすらぎの里めぐみ館15床開所
平成24年8月
通所介護・介護予防通所介護定員変更:35名を40名へ
平成25年10月
特養増築(66.89㎡)
平成27年8月
通所介護・介護予防通所介護定員変更:40名を45名
平成28年7月
大山町介護予防・日常生活支援総合事業開始
平成28年11月
ユニット共用部エアコン改修工事完成

お問い合わせ お問い合わせ